景区动态
Latest News

景勝地を遊ぶ

ポジション:
ホーム
/
/
雲居山で茶をためる

雲居山で茶をためる

【概要の説明】「林茶をためる」とは雲居山頂の竹林の辺に生えている茶葉のことで、茶葉は竹の葉の芳香をつけているため、雲居山の禅茶は更に香りがする。それに、トップクラスの「林茶作り」は、カップに入れると一本一本水の中に立って、まるで青々とした森のように見えることから、雲居山の禅茶の古名も林作りと呼ばれている。現地の歴史誌によると、この茶葉はかつて進上品であり、皇帝から「色、香、味の共に優れ、西湖の龍井、閩の陽羨、六安の銀針よりも優れている」と賞賛された。

雲居山で茶をためる

【概要の説明】「林茶をためる」とは雲居山頂の竹林の辺に生えている茶葉のことで、茶葉は竹の葉の芳香をつけているため、雲居山の禅茶は更に香りがする。それに、トップクラスの「林茶作り」は、カップに入れると一本一本水の中に立って、まるで青々とした森のように見えることから、雲居山の禅茶の古名も林作りと呼ばれている。現地の歴史誌によると、この茶葉はかつて進上品であり、皇帝から「色、香、味の共に優れ、西湖の龍井、閩の陽羨、六安の銀針よりも優れている」と賞賛された。

詳細

12121

 


    攒林茶色泽青翠、芳香醇郁,泡上云居山清泉,颗颗毛尖向上,犹如竹笋一般。

  “攒林茶”是指云居山顶生长在竹林边的茶叶,因为茶性易染,茶叶沾染了竹叶的芳香,使得云居山的禅茶更加香醇。再加上顶级的“攒林茶”如果泡入杯中,会一根根竖立在水中,宛如一片青翠的丛林,所以云居山的禅茶古名也就叫攒林。据当地史志记载,这茶叶曾经为贡品,曾被皇帝夸赞为“色、香、味俱佳,比西湖之龙井、闽之阳羡、六安之银针有过之而无不及”。同时呢,攒林茶也叫赵州茶。叫“赵州茶”的来历也和赵州和尚有关,当时这老和尚吃茶成癖,天天吃茶论经,还到山中观茶采茶,并留下了禅宗著名公案“吃茶去”,后来佛门子弟为了纪念大师,又把云居山真如禅寺赵州关内的攒林茶尊称为“赵州茶”. 据说这茶也是当年老和尚80多岁高龄参访真如寺的时候亲手种植的。当年总有人来问赵州和尚人生的真谛以及对佛法的理解,赵州和尚均以:”吃茶去”作为回答。其实,“吃茶去”之所以能成为禅林法语,并付诸实施,是与茶的功用密切相关。古人认为,茶能清心去邪、生精陶情,具有“三德”,即坐禅时可以提神,通夜不眠;满腹时,可以助消化,轻神气;心烦时,可以去杂念,平和相处。所以,饮茶最符合佛教的道德观念,应顺佛教的教规,因此,自然为禅林所提倡。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

前へ: 茶油
次へ: ワラビ
前へ: 茶油
次へ: ワラビ
庐山西海
庐山西海
庐山西海
庐山西海
 庐山西海

国立森林公園

 庐山西海

国家級風景名勝区

廬山西海

国家5A級景区

 庐山西海

TOP

Copyright 2020 all Rights Reserved著作権所有。廬山西海風景名勝区管理委員会   備考/許可番号:贛icp備考17006100号-1