景区文化
Scenic culture

観光地文化

観光地文化
ポジション:
ホーム
/
名勝古跡

名勝古跡

概要:
概要:
詳細

廬山西海の名前は若いが,伝説は古い。古化石、古墳、樹木、古遺物はジャグリンに古めかしい色彩を与えている。黄荊八景、遠近有名、八大地点、奇峰異石、壮観、自然天成。自然の斧神に驚嘆せざるを得ない。民間の芸術家たちはこれらの景色のために伝説を創作し、神秘のベールをかけた。
      一、古化石

211221


原始類のクラゲ化石群は、柘林湖ダム南岸の永武公路にある。化石は皮園村(Z2p)の珪質岩上層に保存されており、凹んだ円形—楕円形の跡が多く、少数は上方に突出している。直径8 ~ 10 cm、最大28 cm。化石の保存密度は5つ/平方メートル、直径は虫管遺跡の化石と共生している。化石は中国地質大学(北京)の楊世博教授が同定した:PrtomedHsa(原始類クラゲ属)、地層同位元素の年齢は5.7億~ 6.5億年である。この古生物の組み合わせの新発見は江西省で初めてであり、江西省の震旦紀研究の重要な進展である。その数の多さ、個体の大きさ、保存状態は世界でも珍しい。
  

     二、古代の墓

  吴王墓位于庐山西海柘林镇桃花峰下城洞,传说有吴王墓,今无考。
  王母墓位于柘林镇黄荆洞山上有石洞,传说内有吴王孙权母亲之墓。其峰如古代朝臣之牙笏,俗称“象简朝天”。
  魏源墓魏源墓位于柘林镇易家河村魏家山东坡。墓堆用砖石砌成,高3米,直径8米。墓前有石雕马一对,石雕龟一只。“文革”初期,墓曾被盗掘。2009年,部分殉葬品被江西省文物考古研究所收藏。墓主魏源,字文渊,建昌(今永修)人,明永乐四年(1409)进士,官至刑部尚书。魏源为官清廉,忠君爱民,深得皇上赏识。1443年,魏源因足疾解官归乡,次年在魏家山病逝。为厚葬魏源,彰显他一生功德,英宗钦赐御葬,谥号文忠。吏部尚书王直为其撰写“御葬神道碑记”。葬于明成化三年(1463)。
  据《永修县志》载:1972年3月,由省博物馆清理魏源墓。墓位于易家河黎家山。墓前有石翁仲、石马和汉白玉神道碑等。墓为石构单室,卷棚式,墓门用青石凿成兽首啣环双扉枢轴式门。墓室早年被盗,仅出土仿龙泉豆青瓷3件(瓷烛台、瓷瓶、瓷碟),均刻暗花纹,造型新颖、精巧、秀丽、端庄。
 
  三、青釉彫獅燭

2121

 

  1966年、この精巧な燭台が江西省永修柘林易家河村の明代魏源墓から出土した。(詳細は本志カラーページを参照)


  四、千年の羅漢松

121221

 

  柘林鎮司馬村石long組浙江移民村に位置し、省級道路焦武線25.5 km右側にあり、樹高は約20 m、甲株の幹囲は6 m、乙株の幹囲は5 m、2株の距離は約50 mである。この2株は、マキ科マキ属のリョウブ葉マキ種である。この樹種の寿命は極めて長く、正常な環境の土質条件下で3000年ぐらい生存できる。お寺の歴史や三国の呉の孫母が避難して孫権を生んだという伝説によると、樹齢は1800年代前半。『永修県志』に「この羅漢松は樹齢が約500年以上」と記載されているが、この説は保守的であり、この木は地元の自然生長品種に属さず、省外から導入して植えたものである。省レベルの重点保護対象となっている。
 
  五、いばらの八景 
  黄荊八景は廬山の西海南岸に位置し、柘林鎮司馬村の風景が美しい黄荊林場の境内にある。2001年、黄荊八景は観光地として公開され、国内外からの観光客が絶えない。

人鶴蛇共舞石2000年8月、黄荊穴からあまり離れていない所で発見された珍しい石で、直径は約2メートル、重さは約6トンで、自然が残した「人鶴共舞図」があり、生き生きとしている。専門家の鑑定によると、この石は巨大な砂礫で、白い模様は石英脈であり、今から約6 ~ 8億年間の地殻の激しい運動条件の下で形成され、芸術の観賞価値がある。今は黄荊洞景区の入り口に移して、仙女と鶴がひらひらと舞う姿で観光客を迎えます。
黄荊洞は桃の尖山の麓にあり、黄荊河に因んで名づけられた。名は「洞」といっても、高山の下の幽深な峡谷で、両側の奇峰は絶壁となっている。谷の底に大小さまざまな形のおとろえ石が張り巡らされていて、そのあいだを黄荊河がつたわる。谷は山に随伴して、深いところで二分割して小坊と呼ばれ、大・小二洞と呼ばれ、その光景は様々である。この峡谷は古代の「永修八景」の一つで、陶淵明が描いた桃の花のような形をしており、「桃源石洞」とも呼ばれている。清の張回瀾は「花源旧記武陵春、消息曽通一向先。其処有津更問誰,淦郎原是半仙人」。黄荊洞には数々の珍しい風景がある。
サボテン橋は黄荊洞にあって、山の半分の上に谷間を横切る巨岩があって、底部は流水によって長期的に衝撃を受けて、風化して拱洞になり、天然の石アーチ橋を形成して、アーチの幅は6メートル、高さは3メートル、橋の長さは15メートル、幅は約2メートルで、完全に壮観である。面谷の部分は,まるで刀のように削って,巧みに天工を作っている。
仙人は靴を落として黄荊洞の中にいる。一つの巨石、一つの底にただ一つの小石の屋根があって、それ以外はすべて宙に浮いて、今にも揺れそうで、実はとてもびくともしない。人が泊って雨宿りをしているのが不思議である。石の形が長靴に似ていることから「仙人長靴」とも呼ばれる。
近くに別の大きな石があって、この石の上に色の違う斑があって、人の足跡に似ていて、「仙人の足跡」と言います。この足跡は、雷公の子が孫権の母天葬の命を受けて残したと伝えられている。孫母の棺を両手で持ち上げて山に登り、その足の跡を力ずくで大石の上に踏みおり、また足を抜く際に力ずくでブーツを落としている。
朝天笏(ちょうてんしゃく)は、桃花尖の腰から独立した石筍のこと。黄荊洞の大洞の東側に位置する。孫母の天葬後、孫権は天に捧げるために、笏を地面に差し、五体投地のお辞儀をしたと伝えられている。礼を終えないうちに、朝笏は急に大きくなって、この奇妙な峰に変わった。
孫母の寿材は黄荊洞の東の山腹にある道路のそばにあり、一塊の長形の巨石、上平下尖、一頭の宙に浮いて、石の上から黄荊洞を見下ろすのは非常にスリルがある。天が孫母を葬る時、狂風が寿材の蓋をここまで吹き落して、この石になったと伝えられている。通行人がここを通り過ぎると,皆立ち止まって見物しなければならない。
馬噴水の滝は桃の先、黄荊洞の上、天に向かって東にあり、桃花港(桃花渓とも呼ばれる)の中段にある最大の滝で、幅は約10メートル、落差は約50メートル、雨が降っている4月5日が最も壮観である。滝は三畳で、第一畳は二つの高い崖の間の狭口から吹きおりており、数丈の後に落ちて第二畳になり、さらに10数丈の深渊に落ちる。全体の滝の変化は多彩で、風景は奇妙で、古人は「散珠斜雨、飛雪軒煙、碧玉が横に流れて、まるで水のカーテンのようで、玉の屑はきらきらと輝き、騒ぎ立てて雷のようである」と描写した。この滝は一年も尽きることがなく、平素は素練飄逸で、雨の後特に春の増水時、逆海逆江、音震数里、壮観である。
孫権は孝行息子で、孫母が亡くなった時にはまだ外で働いていたが、悪いニュースを聞いて、彼のbmwに乗って、日夜鞭を飛ばして飛んで帰った。遠い道を歩いて家に着いた時、bmwはすでに疲れていて地べたに倒れ込んでいて、口の中の白い泡が噴射して出て、まっすぐ深く渊に落ちて、この滝を形成しました。この谷を「ノ」谷と呼び、滝を「馬噴水」と呼んだ。天簡の近くにあることから「天簡の滝」とも呼ばれる。水は黄荊洞峡谷に沿って流出し、山の外の広い耕地に灌漑し、周囲の百姓に五穀豊穣をもたらし、「金銀水」という言葉がある。現在は「黄金の滝」とも呼ばれている。
天葬墳は黄荊洞の背後の高山にある。三国の呉王孫権は黄荊洞の隣の金霊寺で生まれたと伝えられている。母親が亡くなった後、出棺がここになった時、突然強風が吹き荒れ、砂走石が舞い上がり、雷が鳴った。翌日の朝、雨が降って晴れて、人々は驚いて発見して、孫母の棺桶はもうどこにもなくて、出棺を停止する所に1つの峰が現れて、頂上は大小のたくさんの巨石の塁からできて、頭は高く尾は低くて、中腹の上にまたひとつの巨大な崖の壁があって、墳頭の墓標のようで、全体の山頂は1つの巨大な墓地のようです。神仙の顕現とされ、孫母を埋葬した。以後、人々はこの峰を「天葬墳」と呼んだ。後に孫権が王を称したため、「王母墓」とも呼ばれた。その山頂は古代の公家の牙笏に似ており、「朝天笏」とも呼ばれ、「象簡天天」とも呼ばれている。山の峰は長年雲霧がたなびいて、伝説は孫権が母のために新しく焼く「兵を超えない」で、しかも山の峰はいつもそよ風が止まらなくて、山の竹は吹いて左右に揺れてまるで地面を払うようで、だからまた曰わく:「天葬墳、風が地面を払う」。山頂には「馬尾水」という滝が流れており、黄荊洞の七人の仙女が洞門を守っている。今でも、地元では「桃の花、霧、馬の噴水、金銀をまいて、天に向かって簡、天葬墳、七人の姉妹、把洞門」という歌が残っている。
桃の先、桃の先は自然の景観と人文伝説の多い名山で、贛北五嶺山脈の末端に位置し、柘林ダムと正面に向かい合っている。山の高さは海抜943メートルで、廬山西海第一名山と呼ばれている。頂上は平坦で、面積は約300平方メートルである。昔は桃の木百株の成林があって、毎年3月の桃の花の満開の時期に、その景は真っ赤で、壮観で、だから「桃の先」と言う。山頂にはもともとお寺があって、毎年六月桃熟の際、必ず善男信女登峰問掛拝仏して、帰参する時必ず摘幡桃数枚を取って敬之を示します。近年の登頂者の口述によると、頂上の桃林はどこにもなく、お寺もどこにもなく、真っ赤な石の条が一面に!1石につき100斤ある!山頂には大木はなく,ただ一面の低木林である。あの一二百斤の重さの赤い石の条はどこから来て,誰がよその土地から仕入れて山の頂上まで運んだのか?近年の分析によると、その赤い大篠石は、秦漢の時代、あるいはその少し後の軍事通信施設、つまりのろし台の跡ではないかと考えられている。
登山家の口述によると、桃の先の南の中腹に大きな穴があって、その深さは計り知れない。伝説によれば仙人洞だというが、今の人は大まかな観察と分析によって、かつて地質が変化した時の火山の噴出口だったらしい。
廬山西海は伝説的な土地である。あれらの地名、あれらの奇山異水、歴史の名人、高山野菜は民間ですべて人を感働させる物語を伝えて、先民奮闘の歴史とすばらしい理想を反映します。秀麗な山水、昔から今に至るまで、人を引きつけて高らかに歌って、白居易、蘇東坡、王安石などの皆はばら色の詩を書いた;大自然の雄大さを讴歌したり、金ゴ鉄馬の時代を振り返ったりしている。遠来の観光客は、山水、美食に魅了され、万感を発し、賛美の文章を多く書き残した。

 

温泉
唐・白居易
湯泉の水が東へ流れた。
驪山温水は、何のために、金屋玉に流れ込む。
 
 
温泉
宋・蘇軾
石竜は口があって根がなくて、竜口湯泉は自ら吐いて飲み込む。
衆生の無垢を信ずるならば、此の泉は何処かに寒温を見る。
 
 
詠雲山温泉
宋・王安石
寒泉清は聞いていた。
一気に冬も夏もなく、諸陽は自ら廃興した。
人が泳いでも火に憑かれず,虫が出ても氷に疑いがある。
驪山の下で、然と雪が上がる。
 
 
雨を解いて神曲を送る
宋・李常
怒風兮揚塵,日閃石兮将焚く。
水泉は分厚い地割れをしており,嘉谷はホットホットと収穫した。
小雨め霊だけあっ、挹清波め幽ð£
爵名は神。
 
 
ラクーサ
宋・李安康(女)
無力バラ帯は雨が低く、多情な蝶は花が飛ぶ。
流水に舞い降りて乳ツバメが鳴く。南浦魂は春を顧みず
東陽衣減鏡仙知,小楼今夜月依依。


注:李安康、李常の姉、即ち黄庭堅、黄大臨の母。安康郡君に封ぜられた。李安康は、本名ではなく、安康郡君に封ぜられたので、「安康」と呼ばれた。李安康は文学に造詣が深く、永修才女である。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

庐山西海
庐山西海
庐山西海
庐山西海
 庐山西海

国立森林公園

 庐山西海

国家級風景名勝区

廬山西海

国家5A級景区

 庐山西海

TOP

Copyright 2020 all Rights Reserved著作権所有。廬山西海風景名勝区管理委員会   備考/許可番号:贛icp備考17006100号-1