景区文化
Scenic culture

観光地文化

観光地文化
ポジション:
ホーム
/
民間伝承

民間伝承

概要:
概要:
詳細

  一、雷公洞の伝説

  「湖坪の高い山の中に生まれた雷公洞」。東晋年間、柘林易家河村下城と大湖坪の境にある大峡谷で、天然石の洞窟が発見された。高さ5メートル、深さ300メートル余り。洞門の両側には、洞と同じ高さの石柱が2本屹立しており、自然に形成されている。洞の中には仙人が涼を求める場所がある。日照りが続いて雨が降らないため、大湖坪の村民は巫師の祈雨を招き、紙を焚き、太鼓を叩いて呪文を唱えたと伝えられている。洞穴の入り口に入って、24段の階段があって、祈雨者はまず1段の階段をあおぎ、更に1段の階段を伏せて、このように繰り返して1段の階段をあおぐ。焼香をした後、洞の中に入って小さな蛇を捕まえ、速やかに地元の廟壇に戻り、魔法使いは手ぶらで小蛇を放した。風雨を司ると考えられ、この洞を雷公洞と呼んだ。

山の上に住んでいて、明紅という姓の人がいて、家には羅王菩薩が祀られています。この菩薩は天上玉皇の甥で、洞中一体を探して、羅王菩薩の加護を祈っています。彼が洞に入って覗き込んで見ると、洞の中には一筋の通りがあって、その両側にはきらきらした仙桃仙果がいっぱい並んでいたが、仙人は彼に食べさせてくれなかった。空腹を堪えかねた蔡明紅は、道を断って帰ろうとした。仙人は指を一本さして、そこから行って、穴へ行った。二匹の大蛇が横倒しになっていた。大蛇からひっくりかえった。身動きもしなかった。驚いた蔡明紅は冷や汗をかいた。一年の日照りで、蔡明紅は羅王菩薩に頼んで叔父の玉皇大帝に雨を降らせた。羅王はうっかり玉皇用の硯をひっくり返してしまい、七日七夜醤油のような大雨が降った。
地元の人は慶弔事に洞内の仙人から金盥、金箸、金杯を借りられるという言い伝えがある。紙を燃やして砲を鳴らし、香を焚いて拝むと、壁には茶碗より少し太い小さな穴が見えた。穴の中には小さな石が自動で開いていた。手を入れると、金盥、金箸、金杯を取り出すことができた。ある年、ある人が無断で金杯を残したので、雷公は大いに怒って、突然雷鳴がとどろいて、金杯を回収して、洞門を閉鎖した。その後、洞内の仙人食器は誰にも借りられなくなった。
大湖坪の人々は、雷公洞を慕い、今もよく保存されている。

  二、羅漢菜の由来

  羅漢料理は柘林易家河村大湖坪海抜800メートル余りの高山湿地で生産され、高山雨露の潤いを受け、天然野生の緑色の逸品であり、新鮮な料理は5000キログラムしかない。羅漢菜は周辺の生育環境に対して極めて要求が高く、独特な気候と絶対的に汚染されていない環境でのみ自生し、人工栽培する必要はない。移植場所、変異が明らかである。このため、大湖坪は県内で唯一、羅漢菜が育っている陸続きで、1400年以上の歴史がある。

南北朝時代、大湖坪には寺があり、周囲には二十余戸が住んでいたと伝えられている。高山道を急に、交通闭塞し、ほとんど世と隔離し、人々の生活が苦しくて、山でしか刨食、野菜でハゼで飢えを遮って衣ない体を食包まず腹の厳しい日々、仏教がきわめて信仰を供養菩薩、山で采でしかないのが最善のハゼのお供えとして、盛り上がっ、西洋の仏様に感動を与えた。ある日の冬の夜、仏様はお寺の方丈に頼んで、この地の山の民は純朴で善良で、仏門に対して一面の敬虔を唱えるために、私は1条の清涼でおいしい野菜をこの地に賜り、十八羅漢をここに派遣して種を散布して、毎年清明の期間に料理が出てくる。翌年、やはり一面の青々とした野菜は山の民家の前の部屋の後に生長して、面積は約200ムーで、始めは何の料理が分からなくて、同じく食用することができなくて、そこで、お寺の方丈を尋ねて、方丈は原因を言い出してまた先に食用して、この料理は山の民の家庭の料理になって、涼しくておいしいので、味はとても良くて、ずっと食べて飽きません。仏様には妇人の住職が、ロハン・ボパナ料理も不思議なところで、子供が食の化食灾を解消し、健康に成長し、大人が食のヘルス益体、効き目がない生、この料理はいいが、何人かは、そこで、山の民には寺の住職この料理と名づけ、要求の住職多かろしばし、この料理は仏派と18種、ロハン・ボパナ校はロハン・ボパナ料理と名づけ、ため、ロハン・ボパナ料理はこれに由来する。

 
  三、魏源伝奇

1382年、柘林鎮易家河村魏家山で生まれ、1444年に没した。風采は高くなくて、聡明で、小さい家の家庭は貧しくて、金がなくて彼の読書に供して、母は寡寡、しかし書を知って礼を知り、砂の皿を紙にして、柳の枝をペンにして、子に読書の字を教えて、義弟の李志万がそれを見るのが忍びて、甥に彼の家に書を読むように命じた。1年後、ある日さん満堂の生徒を連れて出かける游戦詩は、<未だけに、自宅で意外の従妹は一おうぎを発見、直すついでに开き、その扇のうち一本の梅の木の花の傍にある株の菊、一口池、塘であるオシドリ暑さ、ウィー景生情を见、従妹芽生え恋心を、诗に曰:「一树て梅の一株になって、菊、一対オシドリ水中泊、私には心を爱し、爾心しようとしないか。」従妹は告訴の父に、事実究明さんなら、<、直言は彼の犯行を認め、さん、突然一块の墨は、一杯の水と一対の金が入って鲤硯の前に置いて、「<、できれば、吟合扇诗、私目君たち、<略加思索、手纸でのあちこちに、詩曰:「一绪に墨水を一杯、一対の金コイ難ポーズを尾、いつか风云动、跳び龍門万万里。」先生は大いに驚いて、この詩の勢いは大したもので、とても抱負があって、伯父は先生の話を聞いて、魏源を彼の前に呼んで、彼を3歩前進させて、彼はこのようにして、彼を3歩後退させて、魏源は言います:「頭は切れることができて、血は流れることができて、志は捨てることができなくて、前に後戻りしないしかない。」叔父はそれを聞いてひそかに喜んだ。この人は後日大器に定められ、そこで先生が月下老人となった。魏源は従妹と結婚した。攻書数年、京城で試験を開始し、魏源で進士となった。浙江府台にいた時、功績は顕著で、皇上の賞を受け、朝庭礼部尚書、兵部尚書、刑部尚書を拝命し、辺関四川(抗西)に駐屯した。彼は一朝の重臣として清廉であり、忠君愛民であり、当朝の大清官、大名臣として天下に名を馳せた。しかし、同僚の嫉妬を招き、同僚のあらゆる方法の陥れようとされた。魏源を実証するため、ある日、王様は魏源を皇宮に呼んで、「天下に食べて何が面白いか、使って何が面白いか」と尋ねた。「天下の塩を食べて味をつける。天下の金を使って味をつける」。王様は、私は海の幸よりも塩味の方がおいしいのではないかと考えました。宮中の真珠瑪瑙は金には及ばない。皇帝は激怒した。平時の諸大臣の言極は。」君に欺されて極刑に処せられ、「午門を押し出して斬る」と命じられた。魏源は、宮中で七日に塩を食べるな、二日に宮中で七日にお金を使うな、という二点を王様に要求した。宮中では七日間は塩を食べず、文武の百官は無気力で、七日間は兵舎で兵糧を断つこともなく、人心が乱れた。皇帝は悟り、「魏源の言葉は理に適っている」と言い、誤って魏臣を斬ったことを後悔した。
魏源を厚葬するために、宮中では百口の柏木棺を用いて魏源の遺体を水運の故郷に埋葬した。なんと、船の権威と吴城中国殿さま廟の時、突然空雷、雏転がる、狂風が、集中豪雨ではない<遺体を乗せた船舶99口棺の全部めくって、殿さま廟、<は死体が入った船舶翻沉ないだけに、うまく運ば温汤源(すなわち今の河村e社)、葬られ合水村の冷水垱、墓坐北朝南、墓地面積約半ムー、石碑の墓の前に立って、石人、石羊、石馬付き添って程度。

 
  四、桃の先の伝説

  桃の先は永修県柘林鎮司馬村の南部に位置し、山の高さは九百メートル余りで、山の間に古いお寺がある。ここは青い山と緑の絶壁と泉の美しい美しい所で有名です。ある青年が、黄荊といって、財主の抑圧に耐えられず、人家のないところへ逃げて、山を切り開いて道を開け、開墾して土地を耕し、勤勉な手で家を建てた。ある日、桃の花の仙女は外へ遊びに行って、凡間のある若くて美しい男性を見て、勤勉で素朴で、それから恋心を生み、皇母の嬢に隠して、私はひそかに黄荊と夫婦になった。時間が長くなると、皇母嬢嬢は点呼し、桃花仙女が天宮にいないことを発見して、皆の宮女に真実を述べるように迫り、宮女たちは仕方がないので、ありのままに報告する。オネエ派さんはそこで、皇母つかまえる、桃仙宫に推し進めようとしない、と,日が数回、博斗は一転、重苦になり、に身を隠して、うちの皇母オネエ取り扱わ、派雷公はこの山のはれ物が开け、雷公紆余曲折、どうしようもない、切り立った崖によごれた雷神で号泣、今草木が生まれない。

一年、桃の花の満開の季節に、一人の木こりが山へ薪を取りに行って、二人の仙人が山で碁を打っているのを見て、しばらく眺めていた。木こりは答えました。「千年以上離れていて、道はどこにあるのか、家はどこにあるのか、何十代も離れていて、人も分からない。」仙人は言います:「せっかちではありません、私は1つの桃の花を摘んで、水に沿って流れて、桃の花はどこまで流れて、どこがあなたの家です。」木こりは仙人に言われたとおりに自分の家を見つけ、末裔が家譜を開いてみると、その人がいました。数年後、木こりが亡くなりました。木こりの後裔は桃の花の仙女の霊気を得て、後嗣の繁殖はとても速くて、誰もが賢くて、書物をよくわきまえて、人材を輩出します。官人が多く、宋の最大の官人が司馬であったことから、当朝知県はこの地を司馬と名づけた。その後、人々はこの桃の仙女を記念して、この山を桃華山と称し、峰を桃華山尖と称した。今では、「桃の花が帽子をかぶると、大雨になる」という観山望雨の説もあります。

  五、鮒山、猿岩の伝説

  柘林ダムの南北両側にあるフナ山、サル岩は、ダムが建設される前に河南の北両岸にあった。

唐末、宋初の間、永修は海昏れ(県の所在地は鄱陽湖呉城にある)と呼ばれ、海昏れの人々は山西黄土高原に移民したと伝えられている。海が昏酔する最盛期には,人民は暮らしやすい。しかし、竜宮城の妖竜の心は不良で、海が人を豊かにさせないため、七七四十九日の豪雨が降って、海が沈んでしまった。海の果てた人が死んだ、天使、これを、呼び、夜中に訪ねてきた日に相談し、彼らが考え出した方法は、猿のフナ山、岩に修河长し、二山ツーシム、洪水を防ぐ、鶏の时分には、もう长だ民間伝説の「猿の岩、长き、金魚婆、長い冬」。神仙の議事の時、一船が猿の岩の下に停泊して、船夫は全身の冷や汗をびっくりして、もし両山がいっしょにしたら、助命しにくいではないか、船夫は急いで知恵を生んで、時が来なければ鶏の鳴き声を学んで、両山はまだ河の心まで成長しないで止まって、船夫は免れた。海が気を失って洪水に流され、廃墟と化した。何年かしてから、海の昏れを再建し、正果を修めた道長は、柘林を経て、鮒の山、猿の崖で足を止めた。
伝説二:古代にある商人が呉城から水を修理しに行って、船は猿の岩に至り、河の心に夜泊して、夜中の時、商人は争える声で目を覚まして、披衣はよく聞いて猿の岩と鮒婆と喧嘩をして、誰が早いかを見ます。猿の岩が言いました。「猿の岩、すぐに生えてきます。」鮒山も不服そうに、「うちの鮒婆、すぐに川を渡る」と雲った。そう言って両山はまっすぐ河の中心に近づいた。商人はそれを聞いて慌てて船頭を起こしたが、船はまだ開いていなかった。商人は命が惜しいのを見て、汗をかきながら、一刻を争うところへ、突然、白髭のじいさんから、「おっとおっと、おっと、おれは山の神だから、まだ報告もないから、勝手に背伸びをして、川を渡るには、千年後を待たねばならぬ」と一喝された。サル岩とフナ山は百メートル以上離れたところまで伸びていて、山神に止まっていた。以来、ここは修河河道の最も狭い場所となった。商人は助けてくれた山の神に感謝し、船頭で焼香をした。以来、ヴァンがサル岩を通る船は、線香を焚いたり、爆竹を鳴らしたり、山神を拝したりして習わなければならなかった。

 
  六、馬場の伝説

馬場は柘林湖南岸の柘林鎮司馬村の桃花山の麓にある。明代になると、馬場の近く(現在の司馬村範組)の泉水の下に周という農家に住んでいたと伝えられている。幼い月は武術が好きで、耕作をしていると、いつも自分の家で飼っている大きな馬を連れて、里山の一塊の広々とした場所に行って武術を学んだ。名師の指導により、数年の訓練、武芸が高く、刀術が得意で、軒先を飛び、影も影もない、周一代の「響馬」と称し、周囲数百里の名声が優れている。彼が18歳になった時、自分の不良行為で周氏の一族を激怒させ、封建社会の家法による厳重な処罰を受けた。ある集会で、一人の子供を利用してその武刀をだまし取る。事前に招待した数人の武将士は、すぐに周の月を三枚に縛り、祠の外に押し出して斬首した。周の明月の武芸が優れていたため、衆の力士は彼の頭を取ることができなかった。莲の槍(一種の鉤のついた兵器)は腹を刺し、腸を刺して外に流出した。その後、一族は一口の棺桶を買ってきて、銅の釘で棺の口を封じて深く埋め、その鎧を古井戸に沈める。周の明月が死んでから一月もしないうちに、王は欽差大臣を出して、有能な人を捜して朝廷に皇帝を保証してやったが、意外にも人は死んでしまった。周の一族はとても後悔していた。以後、人々はそれを練習場と呼んだ。
 
  七、易家河の由来

易家河は古くは「温湯源」と呼ばれていた。筏を1200年前の一冬の雪と氷のまばらな、ある貧困の木こりは山へ芝刈りに帰ってここを通りかかった時から、空かせ寒さで、突然倒れて、小さな水溜りの辺がふらふらしている眠ったが、やがて、木こりが株の暖房を感じ、全身が遍、開けて見ると、発見たまって雾のような熱気を冒して、彼は急いで両手をすくっ汤で飢えので、絶えずは独り言を言いました「苍天の善のために、——私温汤」。家に帰った後、逢人は自分が仙境の宝の地に入ったと言って、数日後に家を水たまりの近くに移転した。うわさが広まると、山の外から人がどんどん移ってきて、木こりはみんなを連れて小さな水たまりを池に掘り、「温湯源」と名づけた。
南宋になると温湯源は易氏主体の村となった。村には易家河という若い人がいて、現在の易家河村排行組に住んでいる。京城主考官(官至三品)の熊天瑞は晩年に義家山に定着し、易家河を賞めて義子とし、また愛嬢の許配易家河を妻とした。
義家山、七星伴月の地、残念ながら門の前の渓流はとても狭くて、もし河道を広げることができるならば、風水は更に優れます。熊天瑞は直ちに県府に河道改造の要求を陳述し、許可された後、徹夜で千数名の強壮な労力を組織して、一夜にして河道を改築することに成功した。熊天瑞は地方一覇といわれ、栄華を極めた。
ある年の秋夕の夜、嬢婿の易家河(現在の易家河村排行組に住んでいて、義父の家から一千メートル)を家に招き、お月見をした。突然、熊天瑞は天を仰ぐように、わたしのように力があると、人の心の持ちようもないところがあるのだから、怒りをこめて、だれがわたしをどうすることができるのかと嘆息した。満朝の文武百官や地方官僚の多くは私の門下生で、いわゆる「桃李満天下」だった。そして誰かに訴えられたら、一枚の墨(龍鳳墨7寸)、一ダースの筆(十二本)、一太刀の紙(竹の紙)を告ぐ道具として提供したいと豪語した。婿は、「この大きな話はできない。天の外には天があり、人の外には人がいる」と言った。無心の者は聞く者の意を得て、不服のある易家河は立って細君の父に向って挨拶をした。義父はなぜ?婿が答えた。中秋節の夜、あなたの嬢は一人で家で孤独なので、私は一人だけで楽しむことはできない。なるほど細君の父の同意を得て、宅へ帰って来て、「銀銭と荷造りをしてくれ。県衙へ来て、父を訴えてやる」と言った。妻:どうして?答は曰わく、後から知る。夫が出かけた後、彼女は徹夜で父のために刺繍靴を作った。そして靴の底に刺繍針を縫い、父に手紙を持っていることを示した。天明後、小嬢を派遣して靴を父の手に送った。父は靴を試着した時、足に刺を痛感し、靴の底に刺針を発見して手紙を隠し、それを読んだ後、怒ったどころか、げらげら笑った。なぜ嬢がこんな神秘的なことをしたのか、封建社会の影響で妻は夫に逆らうことができず、それを発見すると、一通の手紙を出して家を追い出さなければならなかった。
それに、e家の河に县衙gk告訴義父が私設の工場の兵器を作る、船長风稽古武術などのことが県の供述を確保し、一人で県監告訴熊天瑞聞いて、心の直仕切る、第一に、彼は私の恩師、乗船の婿告訴義父が天下の珍しい、不良、だがそれはたいへんだ、理由を問わず、直ちに重を40大板を命じ、進出3年の間、獄中。獄が終わると、南康府(今の南昌)に訴えたが、省府の官僚も熊天瑞の教え子であった。出所後の易家河は屈せず、熊天瑞を京城刑部に告訴した。結局、同じように3年の獄の被害に遭い、易家は気力が尽き、途方に暮れ、ひたすら熊天瑞に訴えた彼は、死を恐れた。ある日、皇帝が外出したことを聞いて、城門の外で道をひざまずいて大声で訴えることを叫んで、皇帝はみ下して、易家河将の熊天瑞は反朝の意があって、温湯源の駆け馬山で兵を買って、兵器を作って3年の事を皇上に告げる。王様の曰わく、あなたはどうして知っているの?答の曰わく、彼は私の義父である。皇上はまた曰わく、お前はどうして地方の役所の検査に報告しない。答曰く、いかんなく彼の門下生であった。追及するどころか、県から省へ、刑部への刑にもかかわらず、懲役九年の刑に服した。これを聞いた竜顔は激怒し、欽差大臣を派遣してこれを調べさせた。そして、皇帝は死罪を賜り、九族を皆殺しにし、易家河を刑部侍郎(四品官)に封じた。熊天瑞の死後、現在の永修県易家河村白田組に埋葬された。
その後、人々は鉄面無私、大義滅親の易家河を懐くため、温湯源名を易家河と改名した。

 
  八、易家河温泉

易家河温泉は永修県柘林鎮易家河村にある。
伝説紀元前湖南のある地理の風水の先生は1つの風水の宝の土地を見て、貴人を出して、また発財します。起源山脈は湖南にあり、宝地真穴を探して、山脈の流れに沿って、風水先生は弟子を連れて、湖南から出発して、山脈の流れに沿って探して、修水、武寧を経て、ついに永修県易家河浴塘村でこの蓮花地の正穴を発見した。風水さんは「宝の地は私も」と大喜び!邑宅地られるひゃく年後のために、これで陽炎が上がっているの秘伝を抑えるの法を采用した、と弟子罗盘定いい位置で呼んで、なんと「約束は那須福人登」、ここは風水さん所属の地に、しばし罗盘放之と爆発し、すぐに一株のうす(とは陽炎が上がっている)直ほとばしった、噴出したとともに、数丈の高い清らかで温かい、水質すきとおっ、硫黄の匂いが含まれて、四季の流れが、水温は均衡、e社が傷つけられた河温泉、集ヘルス、病気を治すが一体、特に皮肤病というより、温泉徴集庶民させる。1960年代中ごろ、易家河村の人々は温泉を露天風呂にし、入浴を提供した。易家河は長寿の村で、温泉に由来するところが大きい。

 
  九、司馬の由来

司馬の名は、西晋(265年)に由来し、今からすでに1746年の歴史があり、その前身は桃花荘である。昔から、桃花荘に張という書生がいて、幼い頃から聡明で、数年の塾、五経四書に通じ、博学多才で、張秀才の名で郷里に知られていた。京の科挙の年、京への試験に向かう途中、突然蟻の巣が木の上から池に落ちたのを見て、張生は憐憫の心を持って、靴の靴下を脱いで、冷たい水の中で蟻の巣をすくいあげて、多くの蟻を新生させた。蟻も60経綸のセン、試験の時は、なんと秀才の字を忘れて、手には問題の一つが「马」の字を書いた点は少ない、入学査定官が改巻の時は、アリが発見伏の上には「马」の字点として、入学査定官もかけた三次、蟻は「马」の字には少しの位置にじっとしていた。受験者は気がつくと、蟻ばかりが受験生と縁を結んでいるのか、行動で受験生に報いているのか。そこで、試験官はこのことについて受験生に尋ねて、張生の原因を説明した後、試験官は「ああ」と声をかけた。なるほど、蟻には義があるが、私は理解できず、心の中で毅然としていた。この学生は才があるだけでなく、徳もある。張生の錦繍の文章は試験官の歓心を博し、感慨を述べた。一試得中、金榜題題、皇帝欽点為状元、為官数載、清政廉明、業績顕赫、深く皇帝の寵愛を受け、間もなく皇帝に封じられて司馬官、官至三品、礼部尚書、「司馬第」御扁額一枚を賜り、この御扁額は張家の祠堂に千年余り保管された。張生は上司の馬官になった後、故郷に帰ってくると、故郷に報いるために村の入り口に鳥居を建て、「花門楼」と名づけた。村のために池を掘り、住民のために水と農地の灌漑の心配を解消した。そこで村民は、桃花荘を司馬荘と改称した。唐の有名な文学者の白居易が江洲司馬に左遷された時、雲居山に登って賦詩を遊覧し、わざわざ司馬荘まで歩いて満開の桃の花を観賞した。
 
  十、龍潭

龍潭は城の入り口から1000メートル右側にある。潭水碧、水深4 m。現在は桃花渓景勝地に埋め立てられて河道に流れている。左側の山頂にはドラゴンヘッドに似た大きな石が2つあり、ドラゴンヘッドの正面にはドラゴンボールに似ている。向こう側の尾根と双龍抱きを成す。
四川の峨眉山には青竜と黄竜が恋していたと伝えられているが、白竜は嫉妬し、青竜と配偶者を奪い取ろうとした。雷公に命じられ、猿ヶ岩の近くに天雷を落とす。真っ二つの竜が爆戦しているとき、大きな音がして、谷間に大きな穴が出て、後に雨がその穴を満たして、世人は「竜潭」と呼んだ。ここで命を落とした白竜と青竜は、二つの山と化し、城の穴を守り、一方の平安を守っていた。

 
  十一、柘林来歴

618年春、詩人の李白は小舟に乗って、修河に沿って廬山を遊覧した。折にふれて一木こりの詩人がこの地の名を尋ねたら,「無名で,ちょっとすみませんが名前をつけてください」と言った。李白が周囲を見渡すと,森林がうっそうと茂り,古い木が空に立ち並び,目には柘樹があふれていた。四季はよく青根が茎を固め、沃土生木は柘林である。」そこで木こりに、「ここは『柘林』でいいの?」木こりはうなずいて称賛し、それから「柘林」と名づけられ、今に至っている。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

庐山西海
庐山西海
庐山西海
庐山西海
 庐山西海

国立森林公園

 庐山西海

国家級風景名勝区

廬山西海

国家5A級景区

 庐山西海

TOP

Copyright 2020 all Rights Reserved著作権所有。廬山西海風景名勝区管理委員会   備考/許可番号:贛icp備考17006100号-1