景区动态
Latest News

景勝地を遊ぶ

ポジション:
ホーム
/
/
西海魚鮮

西海魚鮮

【概要の説明】▲ケツメイシ
別名、ケイギョ、フナとも呼ばれ、湖水の底に生息し、獰猛な肉食性の魚であり、生涯を通じて生きた魚やエビを主に食べる。肉質は豊富で頑丈で、真っ白で、細くて、味がよくて、筋肉の棘が少なくて、栄養が豊富で、蛋白質の含有量が高くて、国内外に有名な淡水の貴重な魚類の1つである。料理法は、蒸しても蒸しても、あんかけても、あんかけても、宴席の料理である。現在、都市市場で売られているケツギョは人工飼育されているものが少なくないが、西海で生産されたケツギョはすべて自然に育ち、味が勝っている。

西海魚鮮

【概要の説明】▲ケツメイシ
別名、ケイギョ、フナとも呼ばれ、湖水の底に生息し、獰猛な肉食性の魚であり、生涯を通じて生きた魚やエビを主に食べる。肉質は豊富で頑丈で、真っ白で、細くて、味がよくて、筋肉の棘が少なくて、栄養が豊富で、蛋白質の含有量が高くて、国内外に有名な淡水の貴重な魚類の1つである。料理法は、蒸しても蒸しても、あんかけても、あんかけても、宴席の料理である。現在、都市市場で売られているケツギョは人工飼育されているものが少なくないが、西海で生産されたケツギョはすべて自然に育ち、味が勝っている。

詳細
▲ケツメイシ
別名、ケイギョ、フナとも呼ばれ、湖水の底に生息し、獰猛な肉食性の魚であり、生涯を通じて生きた魚やエビを主に食べる。肉質は豊富で頑丈で、真っ白で、細くて、味がよくて、筋肉の棘が少なくて、栄養が豊富で、蛋白質の含有量が高くて、国内外に有名な淡水の貴重な魚類の1つである。料理法は、蒸しても蒸しても、あんかけても、あんかけても、宴席の料理である。現在、都市市場で売られているケツギョは人工飼育されているものが少なくないが、西海で生産されたケツギョはすべて自然に育ち、味が勝っている。

2112

 

▲白魚
俗に「ギョウギ・シロウオ」とも呼ばれ、体は長く側扁し、頭の背面はほぼ平らで、後部は微降する。体長は頭長とやや等しいが、体長20 cm以下の個体では頭長が体長よりも大きく、20 cm以上の個体では逆に体重が2.5 ~ 3.5 kgに達する。食用方法は、清蒸、紅焼、あるいは薫、あるいは漬のいずれも可であり、白魚は味が良い以外に、高い薬用価値があり、開胃、健脾臓、消食、利水、補腎益脳、開きょう利尿などの作用がある。とくに魚脳は類を見ない屈強な滋養分である。久食之、性機能衰退、失調に特殊な治療効果がある。

212112

 

▲棒魚
「馬頭魚」とも呼ばれ、頭が大きく、口当たりが大きく、唇が厚く、ひげが一対ある小型の魚で、最大の個体は20センチ以上にしかならない。河川や湖の下層に生息し、雑食性だが、底生水生生物や幼虫など、動物性のものを好んで食べる。この魚は腹腔が小さく、俗に「一本の腸しかない」と言われ、清潔にしやすく、可食部分の割合が大きい。肉質はしっかりしていて、筋肉の間の刺が少なくて、味がよくて、赤くて煮て、辛いことはすべて煮ます。

211212

 

▲魚
体形は長めで、亜円筒形、青黄色、体長は1メートル以上、最大の重さは50キログラムに達する。性は獰猛で、各種の魚類を捕食し、淡水養殖の害魚であるが、肉質は柔らかく、上等な食用魚類である。魚は生食もできるし、地元の人は冬に十数斤から数十斤の魚を日に塩渍けして「臘魚」とし、独特の風味を出す。
▲青魚
河川や湖の下層に生息し、軟体動物を主食とする。
▲コヨーテ
「ぽっちゃり」とも呼ばれ、水の中上層で活動し、浮遊動物を食べる。体長は1メートル、最大の重さは35 ~ 40キロに達する。その特徴は、頭が大きく、肉の部分が柔らかく、独特の鮮味と食感を持ち、「蒸し魚の頭」、「煮豆腐」、「辛い魚の頭」などを調理し、宴席の主菜の一つである。

2121

▲鮎

 

211221

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

庐山西海
庐山西海
庐山西海
庐山西海
 庐山西海

国立森林公園

 庐山西海

国家級風景名勝区

廬山西海

国家5A級景区

 庐山西海

TOP

Copyright 2020 all Rights Reserved著作権所有。廬山西海風景名勝区管理委員会   備考/許可番号:贛icp備考17006100号-1